PERSONAL TRAINING
-パーソナルトレーニング-

P2M Runway Training System

あなたにぴったりのフィジカルサービスを

P2M Runwayのトレーニングシステムは、Performance Up(今の自分状態より良くなること)に必要な要素を体系的に取り入れています。
トレーニングをする際、筋肉を鍛えるだけではなく、人間本来が持つべき動きを鍛えるということが非常に大切になってきます。動きやすい体を作ることで、これまでの日常生活が、より良いPerformanceを発揮し、ダイエットにも、姿勢改善にも、とても良い影響を及ぼしてくれます。P2M Runwayのトレーニングは、様々なユニットで構成されていますが、その中でも特に人気のある、「Condition」「Corrective」「Strength」「ESD」といった4つの要素について紹介していきます。

Condition
-カラダの状態を整える-

運動を始める前に、筋肉や関節、自律神経(心の状態)などは運動できる状態にあるのか。P2M Runwayではセッションのはじめにそれらを整えることで、より良い状態で運動ができるように体にアプローチします。関節、筋肉の硬さ、左右差など、適切なポジションに整えるところからP2M Runwayのセッションが始まります。

Corrective
-動きを修正する-

筋トレで最大の効果を引き出すために、有酸素運動で効率的なカラダの使い方をするために、Corrective Blockではお客様の「動きのクセ」を修正します。クセのない、スマートな動きをコレクティブエクササイズで修正することで、トレーニングで最大限の効果を引き出します。

Strength
-筋力トレーニング-

動作を修正したら、筋力トレーニングです。引き締めたい部位の筋トレ、理想的なボディラインを引き出す筋トレ、姿勢改善のための筋トレなど、トレーナーがお客様のご要望にお答えします。筋トレはとても良い効果が期待できますが、間違った方法で行ってしまうとケガにもつながります。良いフォームやテクニックなど、分かりやすくお客様に最適なトレーニング方法をご案内します。

Energy System Development
-エネルギーシステムの向上-

代謝をあげたい。効率良く脂肪燃焼をしたい。回復力を高めたい。
そんなあなたに、ESDトレーニングがオススメです。ESDとは、ヒトのもつエネルギーを生み出す能力を向上させていくトレーニングです。長い時間ゆったりと動く有酸素運動も、筋力トレーニングの要素が入りながら動作を繰り返していくトレーニングもESDトレーニングに入ります。キツいのが苦手な方、施設にきた時には追い込みたい方など、一人一人に取り組みやすい形から、ESDトレーニングをご案内します。

PAGE TOP